<イタリアの滞在許可証>


イタリア滞在許可証


これがイタリアでの自営労働許可に当たるイタリア自営労働者用滞在許証です。 特にビジネスとしてイタリア在住の外国人(日本人も当然含まれます)とコンタクトをとられる方はこの滞在許可証に御注意下さい。 正規の労働滞在者はこの労働許可の保持が義務付けられています。

この滞在許可(労働許可)許可は種類(目的)によって以下に分かれています。

Lavoro autonomo (自営業の為の労働滞在許可)

Lavoro dipendente (企業に採用された従業員用の労働滞在許可。 自営労働不可

Per Motivi di studio (学生用の滞在許可。 勉学用の滞在許可なので労働不可能

Per Motivo familiare (家族用の滞在許可。 労働可能かは一家の中心者のステータスによる

Per Motivi di turismo (単なる観光用の滞在許可。 当然労働不可能。 3ヶ月のみ有効)


などがあり(これ以外にも研究者用などの特殊なものがありますがここでは割愛)必ずイタリア在住の外国人はこのうちどれかを所持する事がイタリアの法律に依って義務づけられております。 のちのちのトラブルを避ける為にもくれぐれもこの滞在許可の保持の有無、及び種類の確認をされる事をお勧め致します。

見方は簡単です。 上の見本(私の滞在許可証)を見てください。 中段位、赤く囲んである所に MOTIVO DEL SOGGIORNO (この滞在許可証の種類/目的)とありますのでその横を見て戴ければ上記のいずれかが記入してあります。


因みにその下の赤い線の DA LAVORO はイタリアでの生活収入は労働(LAVORO)に依ってという意味で更にその下の赤い線のTITOLARE DI DITTA INDIVIDUALE とは個人会社(DITTA INDIVIDUALE)の社長(TITOLARE)という意味です。


しかしながら一番簡単な確認の方法はその方が

Partita IVA (パルティータ・イヴァ = イタリア商業税番号

を持っているかどうかです。 例えイタリア人でも個人で何か仕事をする場合には必ずこの商業税番号の保持が法律で義務就けられているからです。
 そしてこの商業税番号はこの上記の正式な滞在許可の中でも取得がもっとも難しい自営労働業の滞在許可証保持者でなければ日本人を含む外国人は取得できない仕組みになっていますのでイタリアで正式に仕事をしている人は必ず必然的にこの税務番号を持つ事になっているのです。




永久滞在許可証

イタリアの永久滞在許可証


これはイタリアで私が取得した永久滞在許可証(Carta di Soggiorno)です。 これはイタリアにおいて一定以上の収入及び納税の証明、6年以上に渡っての居住、無犯罪歴の証明他、厳格な規定の基準を達成した勤労外国人のみが厳しい審査の結果、受けることができる(当然、撥ねられることも多々、あります)、イタリア国における特殊外国人の認定証明証と考えて戴けたらおわかり戴けるかと思います(この永久滞在許可は米国でのグリーン・カードに相当するものです)。 よってこの永久滞在許可の取得は私の誇りであるとともにイタリアにおいての長期の私の実績証明とお考え戴けるかと御理解いただけますでしょう。





こちらに少し以前のものですが、イタリアの労働に関する朝日新聞(Asahi Com/記事の使用許可申請済みです)の記事を付けてみました。 是非とも御覧ください。



メインページへ戻ります