とても簡単にイタリアを含むヨーロッパ中のホテルを予約できるページです。 しかも予約代は無料! 是非活用してみてくださいね。
(このページはイタリアで一番大きな予約サイト、Venere.comを利用しています、どうぞ、御安心くださいね)


この予約ページの特徴
1 目的の都市名、宿泊予定日、出発予定日、宿泊人数、必要な部屋数を入れてあげるだけです
 するとお泊りになられたい街のホテルの空き状況とそれぞれのホテルの宿泊費が直ぐに一覧表になって出てきます
 しかもそれぞれのホテルの場所が詳しい市内地図内に記されて表示されますので場所を迷う事がありません
 各ホテルの「詳細」を押されますとそのホテルの外観や内装写真、備品について説明されている(英語の)ページを見ることが出来ます
 価格はインターネット予約価格になっていますので普通にホテルに泊まるよりも遥かに安価です
 例え見本市期間中などでホテルの空きが全然見つからないような状況でも、この検索ではお部屋が取れることもあります
 このページが予約に使用しているVenereはイタリアで一番大きなホテルの予約サイト会社です。 御安心ください。

用意するもの クレジット・カード一枚(予約確認の為。 お支払いの為ではありません)



この下の「予約のページはこちらから」を押されますと予約のページが始まります。 最初のページのみが日本語となっており、その後は英語のページとなります。 でも英語が苦手! と言われるみなさん、全く問題ありません。 必要なのは予約確認のクレジット・カードとご自身のEメールアドレスだけです。 直ぐに確認の返事がきますのでご安心下さい。 また、予約が本当にできたのかの再確認のページもります。 ご安心下さいね。




ホテル探しのためのとっておきのひみつ!!

これはヴェネレの仕様なのでしかたがないのでしょう。 でも、是非、ここも見てくださいね。 あっ!と驚くこと請け合いです。 これでびっくりするくらい、いろいろなホテルが見つかりますよ。



もし、どうしてもホテルが見つからなかった場合には?

ミラノ見本市の期間中など、全くホテルの空き自体がない場合もあります。 ミラノの場合、特にひどいのは4月に行われる家具の見本市の期間中などです。 これらの見本市では、安価なホテルから高価なホテルまで全て埋まってしまいます。 理由は「見本市を訪問にくる人たち」だけでなく、「見本市にブースを構えて出展している人たち」もホテルに泊まるから、です。 よってこれらの期間中には全くホテルが取れない、ということがよくあります。 ではそのような時には諦めるしかないのでしょうか?

以下は全て、私の実体験です。 このような状況でも諦めずに見つけ出した時の実体験をヒントとして以下に列記いたしますので、みなさんも是非、諦めずにご活用されてみてください。 ここでは参考までにミラノ市内であげていますが、他の都市でも同じことです。

1 シングル・ルームで駄目であれば、ダブル・ルームで検索してみる。
シングルよりはダブルの方がホテルにとっては割がいいので、シングル・ルーム自体を提供していないこともあります。 ですのでシングルでは引っかかってこなくても、ダブル・ルームでは検索の結果、引っかかってくることがよくあります。 2人で2部屋 ではなく、4人で2部屋、で検索してみてください。 ダブル・ルームであってもそんなに恐ろしく高いわけではありません。 シングルの1.5倍くらいの金額ですし、場合によってはシングルで割高な料金を払うよりも、信じられないくらい安価なホテルがひっかかってくることもあります。 よって、シングル・ルームで調べる時にはぜひ、ダブル・ルームでも検索結果を調べてみて下さい。 もちろん、実際にお泊りになられる場合に、「ダブル・ルームに一人で泊まる」ことは(予約されている同一金額を払うわけですから)全く問題ありません。

2 宿泊する日にちをずらしてみる。
これは上記の  「シングルが駄目であれば」にも通じますが、ホテル側がフィルターをかけているから、です。
つまり、折角のかき入れ時の期間中に「一泊だけ」とか「二泊だけ」というようなお客さんを入れて、結果、部屋を遊ばせるのはとてももったいないことです。 よって、ホテルにしてみれば「シングルはだめ」「4泊以上ならOK」といったような希望をVenereに出してあるので、これらの条件に基づいてフィルタリングされるわけです。 ですのでもし、ご宿泊の希望日時の期間中にホテルが見つからなかったら、まず、日にちをずらしてみましょう。 1日前にずらしてみたり、1日長くずらしてみたり、としてみてください。 3泊で駄目だったら、検索を4泊にしてみてください。 するといきなりたくさんのホテルが引っかかってきたりします。 一日分を無駄にしても、結果的に安価に泊まれる場合もあるのです(詳細は下に記載)。

3 日にちを短くしてみる。
これは上記の  と逆になるのですが、ホテルによっては「空き部屋」が出てしまっている場合もあるのです。 そのような時には、まず、1泊だけで調べてみる、2泊で調べてみる、3泊で調べてみる、そしてそれぞれの日にちをずらしてみる、といったように日にちをずらして、また短い日にちで検索を行ってみます。 4月6日から10日までのご希望であれば、例えば4月5日から1泊、4月6日から1泊、4月7日から1泊、次に4月5日から2泊、4月6日から2泊、4月7日から2泊、というように日にちをずらし、なおかつ宿泊する日にち数をずらして検索してみると空き部屋になってしまっていたホテルが引っかかってきたことがありました。 このような場合には期間中に一箇所のホテルに連泊する、というのではなく、途中でホテルを移動することになりますが、それでも全くみつからない、もしくはべらぼうな金額を払って泊まるよりははるかに良いのではないのでしょうか?

4 周辺部も試してみる。
やはり金額的にミラノ市内では高すぎて駄目だ、という場合にはその周辺部にも目を向けてみましょう。 あまり遠いと大変ですが、ミラノ市に隣接しているところであれば、案外、みつかることもあります。
まず、検索結果のページの右上に出てくる、左の写真のようなところの上側にある、 Surroundings of Milan(ミラノ周辺部、という意味)と書かれているところをクリックしてみてください。
次に出てきたページの中の Surroundings of Milan(ミラノ周辺部、という意味)と書かれているところをまたクリックしてみてください。
こうすると、ミラノ周辺都市のホテルの中で御希望の空きがみつかる場合もあります。 もし、これでも駄目であったら、上記した  や  や  の方法と組み合わせてみてください。 ただ、検索結果で出てきた都市がどこなのかわからない場合もあります。
これは一例ですが、これではいったい、どこなのか、ミラノ市に近いのか遠いのか、もさっぱりわかりません。 このような時には こちらの地図検索 のページで具体的な場所を検索してみてください。

地図検索のページの空欄にそれぞれ、半角英数字で 都市名 住所(通り名) を入れてください。 郵便番号は空欄のまま、省略可能です。 「検索」のボタンを押されると、それがイタリアのどこなのか、簡単におわかりになります。
こうしてみると、案外、ミラノ市に本当に近いところでホテルが見つかる可能性があります。 ただ、Venereの場合、システムの関係なのか、この「周辺部」で出てきた検索結果が、実際に自分が最初に入力した日にちとずれた日にちでの検索結果として表示されてしまう場合があります。 よって、かならず、この「周辺部」で検索をかけられた場合には、上に出ている、「いつからいつまで、何人、何部屋」の項目を再度、きちんと確認することを忘れないでください。

4 宿泊する人数を変えてみる。
これは例えば何人かのグループで移動しなくてはいけない場合には難しいかもしれません。 たとえば4名で2部屋欲しい場合、どうしても見つからなかったら2名で1部屋にしてみる、そうするとまた違った検索結果になります。 宿泊するホテルは別々になりますが、全く泊まれないよりは遥かにまし、です。 たとえば3人で3部屋必要な場合、3人、で検索をかけずに2人、にしてみたり、1人、にしてみたりすると見つからなかったホテルが見つかることがあります。

5 今日は諦めて翌日、再度ホテルの予約を試してみる。
これも実体験なのですが・・・・ 幾らやっても「とてもではないがこんな金額は出せない」と思うような検索結果しか出なかったホテルばかりの時がありました。 仕方がないのでその日は諦めて翌日、また検索してみました。 するとどういうことでしょう? 昨日はあんなに全然駄目だったのに今日はうってかわって結構、射程圏内のホテルがひっかかってくるではありませんか。 これは恐らく、キャンセルが入った分やホテルで新規に空きができた分を廻してきたからだと思われます。 この手の体験をしたことは実際、過去に数回あります。 翌日駄目であれば、その翌々日、と数日に渡って試してみますと、あれだけ駄目だったはずなのに、いとも簡単にひょっこりと取れることが本当によくあります。 ホテルの予約って本当に「みずもの」なんだなあ・・・ と実感した瞬間でした。


最後に私の実体験でまとめましょう。 ミラノの4月のサローネ(家具見本市)の期間中は恐ろしくホテルの部屋を取る事が不可能に近いシーズンです。 この期間中は「家具見本市」「灯り見本市」「キッチン見本市」がまとめていっぺんに行われる上、なおかつ、上記しましたように訪問者、出展者がまとめて宿泊しに来ますので安いホテルから高級ホテルまで全く取る事ができません。 このような状況の時、後1ヶ月、という段階で友人からシングル・ルームを2つ、それもたったの3泊、という、ほとんど絶望的なホテルの予約を頼まれました。 この時、ここに記載した方法を全て駆使して、最初はミラノ市内でシングルが1泊550ユーロや600ユーロ、またミラノから遥かに離れたコモでも一泊350ユーロ、といった状況のなか、ミラノ市に隣接していた3つ星のホテルで1泊180ユーロのダブルルーム、というものを発見、3泊では検索結果に引っかかってきませんでしたが、4泊にしたところ引っかかってきましたので4泊であれば1泊分の180ユーロが無駄になりますが、それでも単純計算で3泊しても1泊あたり240ユーロの計算になります。 これなら1泊分を無駄金を払ったとしても、十分に賄える金額です。 また予約の後、ホテルに問い合わせてみましたら、最寄の地下鉄の駅まで無料のシャトルバスを運行してくれるとのこと。 最寄の地下鉄の駅からも2kmほどの距離ということで、これならタクシーに乗っても十分大丈夫でしょう。 というわけでこの結果を友人に知らせたところ、彼女は「では3泊ではなくて4泊でもよい、とお客さんから連絡が来ました」ということ。 めでたし、めでたし、という次第です。 なお、ここまで見つけ出すのに約1時間半から2時間ほどかかりましたが、まさかこれだけの短時間で絶対に不可能、と思われていたホテルが見つかるとは思ってもみませんでした。 以上、私の実体験ですが、ここに記したテクを使って、みなさんも諦めずにどうか、ご納得のいくホテルを見つけ出してみてください。


また、これはホテルの予約とは関係ありませんが、このサイトを通して予約した場合、ホテル側にリクエストを伝えるメッセージの欄があります。 ここに Camera con la vasca da bagno, grazie と書いてリクエストしておくと旅疲れの場合、特に良いかも。 この意味は「湯船付きのお部屋をお願いします」という意味です。 もちろん、書いたからといって絶対に湯船付きがもらえるとは限りませんが(湯船付きお部屋の数が少なかったりする場合もあります)、駄目元でリクエストを入れておいてみるのはいかがでしょう?



ご注意点
このサイトは常に最新情報に置き換わっています。 ですが、みなさんがこのサイトを通じてご予約された時点でたまたまそのホテルに第三者が電話などにより予約を入れてしまったような場合、先にホテルが一杯になるような状況もあり得るわけです。 そのような場合には、例えこのサイトを通じて「予約」できてもその日の内に「お断わりとお詫び」のメールが入ってきますのでお手数ですがそのメールに「代替のホテル」が記載されておりますのでそちらから再度、お選び直しください。 なお、こういった状況は滅多に発生しませんが見本市期間中などはなるべく早めにご予約をされることをお勧め致します。

また、この予約サイトはセキュリティ・システムによって保護されています。 安心してご利用ください。

一部のブラウザーでは正常に動作しない場合があります。 インターネット・エクスプローラー、ネットスケープ7.x、オペラ、モジラ、ファイヤーフォックス等をご使用ください。



(C) Ufficio Sakai

このページについてのお問い合わせはこちらまで。
またこのページ内の記事の無断転載をお断りいたします。
このページは2003年2月に開設されました。 Venre.com日本語版オリジナルが生まれる前から日本語で予約ができるようにしていた、日本語Venereとしては最古のサイトです。